最新情報

2018年12月9日
読書
【感想】クリムゾンの迷宮を読んで<ネタばれあり>
貴志祐介の他の作品、新世界よりがやっぱり面白かったので、貴志祐介で他作品を検索したところこの本がおすすめとして・・・
2016年6月18日
読書
【原作の感想】スクールカーストを描く。「桐島部活やめるってよ」(朝井リョウ著)
桐島、部活やめるってよ (集英社文庫) 実はこの作品を読むのは2度目。 スクールカースト関連の本を読んでいてふ・・・
2016年6月15日
読書
【懐かしの思い出】選ばなかった冒険―光の石の伝説―(岡田淳著)
選ばなかった冒険―光の石の伝説 (偕成社ワンダーランド (17)) 子どもの頃に本屋で買った本です。 初めてで・・・
2016年6月11日
読書
【読んでみた!】web漫画:働かないふたり(吉田覚)
働かないふたり 1巻 色々なweb漫画が無料で見れる「くらげバンチ」 今回はそのなかで「働かないふたり」という・・・
2016年6月7日
Web漫画
【感想】とある犯罪者の日常を読んで(ネタバレあり)
      とある○○シリーズの一つの分岐点。 既に完結している作品でもあります・・・

【感想】クリムゾンの迷宮を読んで<ネタばれあり>

貴志祐介の他の作品、新世界よりがやっぱり面白かったので、貴志祐介で他作品を検索したところこの本がおすすめとして出てきた。

それではと早速読む。

内容はサバイバルゲームもの。
なぜか未だFSビスケットが頭に残ってるこの作品。

スポンサードリンク

FSビスケットがやはり印象的

 

前半はスピードもそこそこに読んでいたが、後半の展開にはページをめくるスピードも進む進む。結論、なかなか面白かったと思う。

個人的に気になった点をいくつか。

・FSビスケット!
→食べ物に仕掛けを入れるってのはやはり、ヒヤッとするやり手。なぜだろう、食べ物に仕掛けをするのは、ありそうだけど越えてはいけない一線な気がする。

・最初の選択肢で情報を選ぶ以外を選んで欲しかった気もする。
→この手のサバイバルゲームでは、まず情報を選ぶのが絶対になる気がする。安直なら食べ物、少しできる奴は情報のように。どうせなら別のルートへ行って展開する、イレギュラーな展開を期待した。まあ情報を選ぶ方が読み手の共感は得られるだろうけど。

・しかし上と重なる話ではあるが途中ルールから外れて行動したのは、展開として面白かった。特にゲーム外の人物と交流があったのはナイス。早速撃たれてしまったけど。彼が敵なのか味方なのか、ハラハラさせるギミックがそこにあるよね。

とまあ偉そうなこと言っていますが、面白い作品でした!

クリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)

新品価格
¥734から
(2018/12/9 13:43時点)

サブコンテンツ

このページの先頭へ