「おもしろい」は非現実にある

「おもしろい」とはどこから生まれるのでしょうか?

はいすみません、答えがタイトルにありますね。

そう私は非現実にこそ「おもしろい」はあると考えています。

 

注:【この考察ページでは結論が基本的に出ないのでご了承を】

【笑いの感性は著者を元にしております。ご了承を】

 

確かに現実の出来事でもおもしろいことはあります。

だからこそ会話で笑いが生じるわけですしね。

でも非現実なネタの方が、おもしろさに可能性があると思うのです。

まず二つの言葉の特徴を整理します。

 

・ 現実→   実際にあること

・ 非現実→ 実際にないこと

おい、そんなの当然に決まってんだろーが!って話ですが、

続けますと

 

・ 現実→  実際にあること→ 予想がつく

・ 非現実→ 実際にはない→ 予想がつかない

ってことになりますよね?

笑いの原因ってこの「予想がつかなかった」という点が

結構大きいと思うんです。

 

例えばギャグ漫画でも、

非現実な描写が笑いのコマとしてよく使われません?

 

だからこそ、このサイトでは基本的に非現実的なネタを

中心に作っていこうと考えています。

そっちの方がネタの可能性が広がるんじゃないかと思うので。

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

追記

うーん、こうした考察ってまとめるのが大変ですね。

少しずつ形を整えていこうと思っています。

ではでは

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ