【原作の感想】スクールカーストを描く。「桐島部活やめるってよ」(朝井リョウ著)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

実はこの作品を読むのは2度目。
スクールカースト関連の本を読んでいてふと思い出しました。

みなさんはスクールカーストをご存知でしょうか?
いわばクラス内の序列です。
今ではwikiにも載っているほど・・

僕としては、これほどくだらないものはないと思っているのですが・・
しかし、これは学校以外にも生じるもの。
必ずしも学校内だけで生じるものではありません。
だからこそ始末が悪い。

さて、そこでこの作品。
登場人物は複数いて、各視点ごとに話は描かれます。
カーストで上位に属する竜汰やバレー部の風助。
一方下位に属する野球部の前田など。

特に前田視点で上位グループを見る光景はとてもリアル。
自分は彼らのようにはなれないと思う前田。
上位と下位で表面上グループはきっちり分かれています。

しかし上位に属する菊池も前田のことを気に掛けたり、
形はどうあれ、お互いを意識することはあるよう。
そこは救いがあるところですね。

続いて、以下では個人的に思う点を書きます。

この作品には陰湿ないじめなどはないのですが、
ときにスクールカーストはネガティブな事態を引き起こします。

その根源ともいえる人間は、

・差別(排除)思考がある人間

だと僕は考えています。

色々な人と話をしていると、組織内でたまに見かけます・・
それも中学、高校ではなく、大学などでも・・

学生時代のこと。

「A達が陰キャラでチームがまとまらない。」と言っている
少しチャラめの後輩Bがいました。
私もAとは面識があったのですが、印象は普通に良い子。
Bはそんな彼を「陰キャラ」と一方的に決め付け、
Aを批判していました。

何様だ!

思わず僕は思いました。
Aは陰キャラって、本当に上から目線だなーと。
(そもそも陰キャラって・・視野が狭いなあと思ったり)
Bのどこにそんなことを言う権利があるんだろうか。

こうしたBのように、差別思考がある人間はたまに見かけます。
彼らの思考は一体どうやって生まれるのだろうか?
彼らの一部を指す言葉として、「キョロ充」という言葉も
当てはまるかもしれません。

つまり一人じゃいられない人間。
グループにいたいがため、グループ外の人間を排除したがる。

そこに行動の理由が1つあるのかもしれません。

僕は以前教育を専攻していたのですが、
この手の問題は今でも気になっています。

カーストで交流の幅が狭まることは、本当にもったいないと思うのです。

「桐島部活やめるってよ」は、たびたびこのことを
思い出させてくれます。

話が逸れて恐縮ですが、そんな作品でした(笑)

 


人気ブログランキングへ

 

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ