【感想】JUNE BLOOD(ジューン・ブラッド)(福澤徹三著)

ジューン・ブラッド (幻冬舎文庫)

福澤徹三作品3冊目突入!
今回は主人公がヤクザ。
今までは主人公がヤクザと関わるという内容だったので、
これはこれで新鮮。
さっそく緊迫したシーンから始まります。

【気になった点】

・八神の能力が異常な点笑

この人は一体なんなんでしょう笑
まるでバイオハザードの追跡者のようです。
(未プレイの方はゴメンナサイ)
ただ何度撃退してもしつこく迫る様子は、
まさに追跡者さながらでした。

そして彼にゾクッときたシーンはここ。

女を銃撃の身代わりにしてはなった一言。
「いつもおまえが上になる理由がわかっただろ」

この台詞から彼の異常性が良く伝わります。

・里奈と健吾の適応力の高さ(特に健ちゃん!笑)

ヤクザと2人が関わるシーンは、意外性もあって、確かに面白いものでした。
彼らの距離が近づいていく経緯も同様です。
ただ一言言わせて下さい!

なんでそんなに適応できんの??

だって彼らの年齢と背景を考えてみて下さい。
いきなり逃亡生活になって、ときにはヤクザを撃退することもしばしば。
特に健ちゃん!
長期間家にいた人が、突如あれだけ走り回れるものなのでしょうか?
日頃から筋トレをしていたのでしょうか。

また後半には、「家族だ!」「沖縄に行きたい!」と取り憑かれたかのように喋る2人。
そして困難を乗り越える一団。

人の想いは、ときに困難を可能にする。のでしょうか?

あまりにも彼らの能力が飛躍して、後半はコメディにも見えてきました。

【総論】

ヤクザ視点での話は確かに新鮮でした。
ただちょっと、里奈と健吾の描写が少し雑だった気がするような・・
なんでそう動くの?という理由をもう少し描写して欲しかったです。

正直「東京難民」「すじぼり」よりは、ちょっと評価は落ちるかな。
まあそれでも、八神と梶沼の対決は見ごたえがありました!


人気ブログランキングへ

ジューン・ブラッド (幻冬舎文庫)

中古価格
¥1から
(2016/6/2 21:19時点)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ